知る人ぞ知る大人のトートバッグを密かにご紹介します。

シェルトート

今回は、密かに人気のある大人のトートバッグをご紹介します。

なぜ密かなのか?

それは、私たちのブランドはベビーリュックやキッズリュックがメインでして、どうしても大人バッグの方はなおざりになりがちなんです(←ダメですけど…)

そんな中で、密かに売れている大人トートバッグが、今回ご紹介するその名も「シェルトート」です。

おすすめのポイント

普通じゃないトートバッグ

通常、トートバッグは色々な物が入れられるようにタテが深く、肩にかけられるように持ち手も長く作られています。

でも、このトートバッグは、タテが浅く、肩にかけられないくらい持ち手が短いです。それはなぜか?

それは、ちょっとした外出に、ハイカラなイメージで、さっそうと持ち出す感じを出したかったからです。あえて、長かったタテをバッサリカットして、持ち手もあえて両手で持つしかないくらいに短くしました。

そう、まさに中原淳一の大正ロマンというイメージです

おそらく誰もイメージできないと思いますが(笑)

正直、おすすめポイントはここだけで十分なくらい、洗練されたイメージを先行させて作っているので、持った時の感じはだいぶ粋です。

とにかく、お上品です。

MEMO
中原淳一は、昭和に一世を風靡した人気画家。長いまつ毛に大きな瞳で、まるで西洋人形のような顔立ちの絵が特徴。

生地の質感と色味が鮮烈

生地は日本製の8号帆布を使っていますが、適度な厚みがあって、型崩れしにくいです。さらに、革用の芯地でもあるボンタックを全面に貼っているので、しなやかな張り感があります。

また、鮮やかなイエローは、春から夏にかけてコーディネートのアクセントになるような存在感を示してくれます。

MEMO
帆布は号数が小さいほど厚くなります。11号(薄い)、8号(やや厚い)、6号(厚い)、4号(かなり厚い)などがあります。

最低限の機能性を保持

得てして、デザイン性の高いバッグは機能性が犠牲になりがちです。でも、このトートバッグは違います。

こんなに浅いのに、中にポケットがあります。実際、浅いので、大したものは入らないですが、貴重品は入ります。しかも、ヨコに長いポケットを途中で区切っているので、2か所入れる所があります。

また、間口はマグネットボタンで開け閉めできるので、中身が見えないように、最低限のプライバシーを守れるような仕様になっています。

持った時に軽い

帆布バッグは、生地が厚いほど、どんどん重くなっていきます。

でも、このバッグは軽いです。

形を維持するために、8号帆布を使って、芯地を貼って、底板も入っているくらい頑丈に出来ていますが、やっぱり軽いです。

軽いということは持ちやすいということです。持ちやすくて、おしゃれだったら、言うことなしですね。

親子お揃いに使える

最近、このトートバッグをお母さんに、ベビーリュックをお子さんに、それぞれプレゼントとして贈るという方が増えています。

デザインは違えど、親子お揃いバッグの実現ですね。もちろん、単体でも行けます。

気になる点

洗えない

これは、帆布の宿命ですが、原則洗えません。

洗ってもいいんですが、色落ち・型崩れが確実に起きます。

だとしたら、汚れないように大切に使うだけです。使用前に防水スプレーを全体的にかけておくと、汚れが付きにくくなります。

まとめ

これからの季節に、まさに大活躍間違いなしのトートバッグです。

ネットショップで販売しているバッグは、たいてい写真が素晴らしいですが、私たちのお店は写真がいまいちです(笑)

その分、実物は写真の数倍くらい良いです。

その中でも、このトートバッグは相当おすすめです。

大人の横長トートバッグ「シェルトート」の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です