たった2つ!!ミンネの特集に選ばれるためにすべきこと。

minne(ミンネ)では、トップページに作品が掲載されることで、「閲覧者が増える⇒フォロワーが増える⇒作品が売れる」という一連の ”売れる” 流れに乗ることができます。

ミンネのトップページに載るには、「minne’sセレクト」や「特集ページ」に選ばれるなど、いくつかの方法があります。

今回は、その中で、ミンネの「特集ページ」に掲載されるには、どうすれば良いのかを見ていきたいと思います。

ミンネの特集とは

ミンネがひとつのテーマに沿って選定した40点前後の作品が、特集としてトップページ最上部にバナー形式で掲載されます。


特集バナーをクリックすると、テーマに沿った選りすぐりの作品がズラッと一覧で表示されており、多くの人に自分の作品を見てもらう機会がグッと増します。

特集は、ミンネの中でも人気のあるコンテンツのため、注目度がとても高いです。

ミンネの特集掲載までの流れと反響

特集に作品が掲載される際には、事前に特集掲載のメールがミンネより届きます。

記載の特集URLをクリックすると、特集ページに飛ぶので、自分の作品がどのへんにあるのかを確認できます。

実際、ミンネの特集に掲載されると、どのくらい反響があるのかというと、

普段のアクセスが少ないので、すごく分かりやすい形ですが(笑)、だいたい50倍くらいのアクセス数になっています。

掲載初日が一番アクセス数が多いですが、2日目、3日目でもまだ結構な数のアクセスがあるので、トータルで見ると、ミンネで特集に掲載されることは、大きなメリットがあることが分かります。

ミンネの特集に選ばれる2つのこと

世間では、ミンネの特集掲載方法に関して、色々なことが言われていますが、はっきり言って、たった2つのことをきっちり行えば、どこかのタイミングで必ず選ばれると思っています。

売れる作品を作る

いきなり当たり前すぎて、それが分かれば苦労しないと怒られそうですが(笑)

本当は売れててもおかしくないんだけど、認知度が足りなくてとか宣伝拡散が足りなくて売れていないという作品は写真の撮り方しだいで何とでもなります。

逆に言えば、完璧な写真の撮り方でも何ともならない作品は、根本的に作品のデザインや質に問題があると考え、作品自体を見直す必要があると思います。

ハンドメイド販売がアマチュアの作品発表の場だったのは昔の話で、今は、普通のメーカーやプロ作家がしのぎを削る戦場です。

まずは、売れる可能性のある作品を作ることが、特集掲載への最低限のスタートラインになります。

ミンネのアトリエで写真撮影を行う

ミンネのアトリエのスタッフさんは、「私たちが選ぶわけではないので、関係ないです」と否定していましたが、これまで、100%特集掲載されています。

偶然かもしれませんが、やっぱり100%です。写真がうまく取れないという悩みを抱えている方は、minne LAB 世田谷に行けば全て解消すると思います。

minne LAB(ミンネラボ)

ミンネのアトリエで、東京の世田谷と福岡の2カ所にある。作家さん向けの勉強会やワークショップなど様々なイベントを開催したり、minne LAB 世田谷では、無料でスタッフとの個別相談や写真撮影利用などができる。

minne LAB 世田谷は学校の旧校舎を使った作りのため、懐かしくもおしゃれな写真撮影が可能である。見学は自由だが、写真撮影の場合は、事前にメールで日時を予約してから行く(現在、臨時休業中)。

まとめ

特集に掲載されることは喜ばしいことですが、そこで終わりではなく、あくまで販売している以上は、売れてくれることが一番だと思います。

客観的に見て、自分の作品が売っていたら欲しいと思うのかどうなのかが重要です。あくまで、消費者の目線で考えることが大切だと思います。

売れると思ったものが売れない、売れないと思ったものが売れるは普通によくあると思いますが、欲しくないものは欲しくない、欲しいものは欲しいだと思います。

まずは、今、売れている作品を集めて、自分と何が違うのかを徹底的に分析することからスタートしてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です